企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【音楽】ゆず「FURUSATO」

B002L48EJWFURUSATO
ゆず

おすすめ平均 star
star『ゆず』なんだろうか
star凄いですね、このアルバム!
starFURUSATO
starゆずのCD初めての方にはオススメ
starゆずの二人には参ります。

曲名リスト
1. Overture~FURUSATO~
2. 虹(Album Version)
3. 逢いたい
4. 二つの言葉
5. Interlude~フルーツ☆パラダイス~
6. いちご
7. スーパーマン
8. はるか
9. Yesterday and Tomorrow
10. シシカバブ
11. レストラン
12. ゼンマイ
13. Interlude~はるかな旅路~
14. みらい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools ゆずの最新アルバムである。 シングル曲がもりだくさんのこのアルバムだが、元気の出る曲が多い。私のお気に入りは、③、⑨、⑩といったところか。 私は、ゆずを聴き始めてから、もうかれこれ10年くらいになるだろうか。きっかけは2000年に西宮スタジアムで行われた野外ライブツアー「スタジアムツアー満員音(楽)礼熱闘bomb踊り」に行って、そのライブパフォーマンスに感動したからである。 ↓当日のセットメニューより「ジャニス」 その後もたびたびライブには行ったが、子供が産まれた現在は、さすがにそれは無理となっており、通勤途中で携帯音楽プレーヤーで聴くぐらいだ。また、私の趣味はアコースティックギターだが、ゆずの音楽もよく演奏している。特に「飛べない鳥」は、私が楽譜なしでも演奏できる唯一の曲だ。 ↓妻と一緒に行った2004年のツアーより。大阪城ホールのセンターステージでアコギ2本による演奏。生で聴いたときは鳥肌モノだったなあ…。 私がゆずを好きな理由は以下のとおりだ。
①音楽性がワンパターンではない。メッセージ性の強いものから、パロディ調のものまで幅広く、あきることがない。(ミスチルとサザンをミックスしたような感じ) ②岩沢の高音、北沢の中低音のハーモニーは絶妙で耳に非常に心地よい。(どちらかというと私は岩沢派) ③定期的にライブを行い、そのパフォーマンスも非常にうまい。 ④本人たちの性格もよく、売れていても高慢でない(たぶん)
確か、「夏色」がヒットした当時は一発屋とみなされていた風潮もあったようだが、現在となっては、日本の音楽シーンをリードする大御所アーティストにまで成長している。私も日々の仕事で疲れて帰るときに、通勤電車でゆずの音楽を聴いて気分転換している。たぶん、彼らが解散しない限り、ずっとこのまま聴き続けることだろう。これからも彼らの生み出す音楽を応援していきたい。 blogram投票ボタン 1クリックお願いします!