企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【手帳術】自分でアレンジした略称・記号を利用して効率的にスケジューリングする

私はシステム手帳にビジネス・プライベートを問わず自分のto doを記入する際、自分なりにアレンジした略号・記号を使用するようしている。というのも、手帳のスペースは限られているため、「契約審査」「法律相談」「打ち合わせ」「会議」等のように、全てを記入していくのは時間と手間がかかるためである。例えば、私が使用している略号・記号は以下のとおりである。

A…agreement。契約審査を行う。

L/C…Legal Consultation。法律相談を行う。

F…Filing。整理。資料まとめ。

P…Planning。企画。

打…打ち合わせ(1対1のミーティング)

会…会議(複数間でのミーティング)

E…Examine。調査案件。

I…インターネットで調べるHPなど。

C…Check。契約審査案件などを再度チェックする。

M…Mail。メールを送信する。

T…Tell。電話をかける。

G…Go。訪問する。

R…Read。目を通す。購読する。

B…Buy。本や商品を購入する。

H…Home。自宅関連の用事。家事や育児など。

食…友人との外食。

レ…家族とのレジャー。

B/L…Blog。ブログで書くネタなど

★…重要案件

!…至急案件

※…別途注意書きを参照。

手帳というのは、人に見せるものではなく、自分で使うためのものである。従って、自分でしかわからない記号・略号を使ってこのように、効率的にスケジューリングすることをお勧めしたい。皆さんも自分なりにアレンジして、手帳をより使いやすくしてみてはいかがだろうか。

「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村