企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【手帳術】手帳に自分にとって価値がある言葉を記録する/自分だけの名言集

私の場合、自分のシステム手帳に様々な情報を記入しているが、ビジネス書・ビジネス雑誌・新聞等を読んで気にいった言葉なども記入するようにしている。なぜならば、皆さんも経験があるかもしれないが、たとえそれを読んで「いい事書いているなあ」と思っても少し時間がたてば忘れてしまうからだ。従って、現在および将来の自分にプラスになると直感的に感じた言葉は、システム手帳に「名言・格言」と分類付けしたリフィルにどんどん書き込むようにしている。例えば、そのうちの一部を抜粋すると以下のとおりである。
◆キャリア切り開き型の人たちの発想は、差別性や希少性に重きを置き、異質経験を生かし、今後の動向を読んでそれに自分を賭け、自分の好きなようにできる環境を求め、自分はこうありたいという明確な自己意識を持ち、ときには直感で判断し、そして職業倫理を大切にする。 ◆今の状況に不平不満を言っても事態は好転しない。それよりも周囲に感謝して、今できることをトコトン考えてやりきってみる。すると、道は開けるし、結果として自分の理想の未来を引き寄せることができる。 ◆「働く」ということは、自分で新しいレールを思考錯誤しながら敷くことである。 ◆キャリアは今取り組んでいることの積み重ねから生まれる。誰かが与えてくれるものではなく、全て自分の経験に基づくものである。「成長したい」「より良い人生を送りたい」という気持ちからキャリアは生まれる。 ◆人生とは、自分が何を考え、何を計画し、どんな風にそれを毎日の行動で実践し、成果を作り出すかということの連続である。
私もこれらの言葉に何度勇気づけられ、励まされたことか。ちょっとした空き時間などに目を通せば、自分のモチベーションを維持することができる事は間違いないだろう。従って、自分にとって価値がある言葉を普段から収集することに努め、手帳等のツールに集約する作業を継続することをお勧めしたい。そうすれば、いずれは自分にとって珠玉ともいえる名言・格言集が完成することは疑いないだろう。 「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします! にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村