企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【Lifehack】「TO DONEリスト」を新しい習慣に取り入れる/その日にやったことを記録し、振り返る意味とは

以前から本ブログでは、タスク管理のための重要ツールとして、TO DOリストについて何度か触れている。例えば、私は、スマホアプリ「Wunderlist」やシステム手帳を利用して、仕事やプライベートのタスクを処理している。

 

 

当然ながらTO DOリストとは、未来に処理するタスクを可視化したツール。しかし、この春より新しく始めた習慣がある。

 

 

それが、TO DONEリストだ。これは、TO DOリストのように「未来にやること」ではなく「過去にやったこと」を記録するというもの。その目的は、自分が取り組んだことを可視化し、適宜振り返るため。そうすることで、意義のある一日を過ごしたという達成感を感じることができる。私の場合、日記アプリ「瞬間日記」を7年半利用しているが、通常の日記とは別に【やったこと】というタイトルでその日にやったことを記録している。(瞬間日記では、一日に複数のページを作成できる)そうすれば、日記と並行して過去を振り返ることができる。

 

 

例えば、これまでに記録した「やったこと」を紹介すると以下のとおり。

 

●日●日(※平日の場合)
・早起きして英語と会計を勉強した。
・契約書を●件チェックした。
・Xさんの法律相談にすばやく対応した。

 

 ●日●日(※休日の場合)
・子供の自転車の練習に付き合った。
・レンタルDVDで映画を一本観賞した。
・久しぶりにギターを演奏した。
・「信長の野望」をプレイして、伊達政宗で全国統一をした。 

 

これは、ある意味ライフログの一環だが、こうすることで、「やるべきことをきちんとやった」ということを実感することができる。もちろん、書きっぱなしではNGで、週末や月末などに定期的に再確認する。その地道な積み重ねが自分自身への自信にもつながると思う。

記録するだけでうまくいく

記録するだけでうまくいく

  • 作者: 佐々木正悟,富さやか
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2012/03/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 46回
  • この商品を含むブログ (9件) を見る