企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【転職】お盆休みに図書館でとある書籍を借りてしみじみと考えたこと/人生の一寸先は本当にわからない?

1.図書館にて

盆休みの期間中は、妻と神戸エヴァ展に行ったり(前回記事)、家族で旅行に出かけたりする一方、一人で本屋や図書館巡りも行う予定。そんな中、地元の図書館を訪れた際に借りた本がこちら。 

シャープ「液晶敗戦」の教訓

シャープ「液晶敗戦」の教訓

 
シャープ崩壊 ―名門企業を壊したのは誰か

シャープ崩壊 ―名門企業を壊したのは誰か

 

こちらは2015年と2016年に出版されたもので、シャープの経営不振が顕在化して、世間の注目を浴びた頃の同社の内幕を描いたもの。「経営資源を液晶ディスプレイに集約」→「巨額の設備投資(亀山・堺)」→「外国企業による低価格製品の登場による競争力低下」→「急速に業績悪化」→「リストラの実施」と経営不振に至った経緯が詳細に描かれている。 

記憶にある人は多いと思うが、2010年頃までのシャープは「亀山工場モデル」をブランドとして、液晶テレビ(AQUOS)を積極的に拡販しており、当時はイケイケ(←死語)で本当にすさまじい勢いがあったのだ。しかし、その後、様々な問題があって2016年に台湾の鴻海精密工業グループに買収されてしまった。このような「結末」を当時の誰もが予想できなかったはず。 

2.人生万事塞翁が馬

もう今となっては大昔の話だが、実は、私は過去に転職活動を行っていた頃、シャープに応募したことがある。書類選考の結果はあえなく不採用で、がっかりしたが・・・。しかし、人生とは本当に不思議なもので、その後の同社の窮状が報道され始めると、「あの時不採用で良かったのかも」と複雑な心境に。もし、中途半端に採用されていれば、リストラ候補にされていたかもしれない。 

ちなみに、当時の私は、同じタイミングで三洋電機の中途採用にも応募したが(大企業は企業法務担当者を「良い人がいれば採用する」というスタイルで通年採用しており、とりあえず腕試し的にチャレンジ)、同じく書類選考で不採用。しかし、これまた同社は、急激な経営不振に陥った挙句、最終的には同業のパナソニックに経営統合されてしまった。このニュースを耳にしたときは、同じく複雑な気持ちになったことは言うまでもない(例えるならば、意を決して彼女にプロポーズをしたが、断られて破局した数年後に彼女の性格上の大問題が発覚して、結局フラれて良かったことを釈然と悟ったような感じ)。 

いずれにせよ、私にとってこの出来事は、「人生一寸先はどうなるかわからない」ということを痛感させられた。これらの二社に中途入社しなかった(=できなかった)ことは、客観的には今の私にはプラスとなっているのだから・・・。

このエピソードが象徴しているように、これだけ不確実性が強い世の中になると、人も会社(組織)も5年後や10年後は一体どうなっているか全く読めない状況になっている。しかしながら、年金支給の関係で、ビジネスパーソンは、おそらく70~75歳まで働かなければならないのは確実である一方、今後は「ロボット&AI」がビジネスパーソンの仕事を徐々に奪っていくのは確かで、なかなか安心できそうにない。

思うに、その対応策としては、「世の中のいろいろな方面にアンテナをはりつつ、社会の急速な変化に対応するために己を磨き続ける」しかないのではないだろうか。本ブログの右側に読書記録(ブクログ)を公開しているように、私にとって、読書とはコストパフォーマンスに優れた自己投資策の一つである。

ちなみに、私の親はバブル好景気の恩恵を受けつつ、年金も受給してなんとか「逃げ切り」に成功している。かたや私のように若い世代は、不景気しか経験していない上に、社会負担も重たいという「親世代と比べると明らかに不公平な条件下での人生ゲーム」を強いられている。しかし、不平不満を言っても状況は好転するわけではない。自分や家族のために腹をくくって「男の器量」を示すしかないのだろうか・・・。

3.おまけ

ちなみに図書館で借りたこの二冊の同じ棚にはこちらの書籍も置かれていた。 

シャープ「AQUOS」ブランド戦略 ?たった8年でオンリーワン企業となった理由

シャープ「AQUOS」ブランド戦略 ?たった8年でオンリーワン企業となった理由

 

こちらは、シャープが絶好調の時期の2010年に出版された本で、同社の「オンリーワン経営」をほめたたえる(=ヨイショする)内容となっている。冒頭で紹介した二冊を読んだ後に本書に目を通すと、そのあまりのギャップが途方もないブラックジョークに思えてくるのは、私だけではないだろう。