企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【その他】学生時代の懐ゲーをプレイする/「カプコン ベルトアクション コレクション」に収録された「ファイナルファイト」

1.ゲームに夢中だったあの頃

突然の話だが、1980年~90年代といえば、対戦型格闘ゲームが全盛期を迎えており、各地にゲームセンターが乱立していた。当時学生であった私も友人達と連れ立って、ゲームセンターに入り浸り、「ストⅡ」「餓狼伝説」「サムライスピリッツ」などの格闘ゲームをプレイしていたものである。現在は、企業法務というオカタイ仕事に従事し、結婚して子供もいる私だが、当時の私は彼女もおらず、最大の関心事はゲームが占めていた。

そんな過去を持つ私にシンクロしたのが、この7月から9月に放映されたアニメ「ハイスコアガール」で、当時の熱気を知る者としては、懐かしい気持ちで観賞。


TVアニメ『ハイスコアガール』放送直前PV

このアニメが面白いところが、当時のゲーム画面がそのままハメコミで映し出される点だ。ストⅡのガイルやエドモンド本田がセリフを話すなど、ゲームファンならば、ニヤリとくる演出がところどころに散りばめられている。特に主人公がアーケードゲーム攻略専門雑誌「ゲーメスト」(新声社)について言及するシーンは懐しいの一言。というのも、私も一時期ゲーメストを購読していたからだ(この話を妻にしたところ、「そんな雑誌を読んでいたの?マニアックよね~。」と言われて、かなり傷ついたが・・・)。 

そのハイスコアガールの劇中で、主人公がプレイするゲームの一つにカプコンの「ファイナルファイト」というゲームがある。本作は、プレイヤーが選択したキャラクターを操って、敵を撃破するという横スクロール型のアクションゲームだ。もちろん、私も過去にゲーセンでプレイしたことがあるが、なかなか難しく、いつも1~2面あたりしか進むことができなかった。

このように、私にとって思い出深いこのゲームが別作品を収録した 「カプコン ベルトアクション コレクション」として 9月にNintendo Switchで発売されている。懐かしさあまりで、ついついダウンロードで購入してしまった(なんとも便利な世の中である)。 


CAPCOM BELT ACTION COLLECTION [Nintendo Direct 2018.9.14]

このゲームでは、途中でキャラクターが倒されてゲームオーバーになっても、何度でもコンティニューが可能で、しつこくプレイすれば、エンディングまでたどり着けるという親切な(?)設計。ちょうど良い機会なので、妻に「二人で同時プレイしないか?」と誘ったところ、「私、やったことないから無理」というなんとも冷たい返事(しょうがないので、一人でプレイ)。 

2.まとめ

このゲームに限らず、最近、昔のゲームをパッケージにして販売するケースが目立っている。これは、私のように昔にゲームをプレイした世代をターゲットにしているのだろうか。まあ、安価で気軽に入手できるし、たまには、こういった懐かしいゲームをプレイして、昔の思い出にひたるのも悪くないと思う。 

カプコン ベルトアクション コレクション

カプコン ベルトアクション コレクション