企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【プライベート】「ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル」を購入する/かつてハマッた超有名ゲームを再びプレイ

10月25日にカプコンから「ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル」が発売されたので、早速Switch版を購入してみた。 


『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル』トレーラー

 

私がストⅡと出会ったのは、もうかれこれ20年近く前の話になる。友人の自宅に遊びに行った際、一緒に遊んだのがスーパーファミコン版の「ストⅡターボ」だった。キャラクターが技を出して、必殺技を連呼するという格闘ゲームをプレイしたのは初めてで、その迫力に度肝を抜いたもの。「このゲームは面白い!」と思った私は、早速同じゲームを買ってプレイに没頭した。しかし、当初は波動拳や昇竜拳などのコマンド入力系の必殺技が出せず、ガイルや春麗などのタメ技系のキャラクターでプレイしていたが・・・。そんな初心者プレイヤーであった私だが、特訓の成果(?)もあって必殺技が出せるようになり、いろいろなキャラクターでプレイした。

その後は、ゲームセンターで「ストⅡ」の新作が稼動を開始すると、ゲームセンターにも顔を出すようになる。ただし、家庭用コントローラーの操作に慣れた私は、必殺技がうまく出せず、もっぱらギャラリーとして対戦観戦していたが・・・。

今回、Switch版を購入したのは、なつかしさ余ってもあるが、家族同士で対戦プレイできるからだ。同世代の妻に聞いたところ、妻も私と同じ時期に家庭用ゲーム機でストⅡをプレイしていたらしい。持ちキャラは主に春麗で、義父(=エドモンド本田)とよく対戦していたらしい。

そういえば、最近、昔のゲームなどがそのままあるいはリメイクされて発売されるケースが相次いでいるが、これは私のようにかつて学生時代にプレイした社会人層をターゲットにしているのだろうか。まあ、面白いゲームは何歳になってプレイしても面白いが、これだけ長い月日が流れると「思い出補正」がかかるのはどうしようもない。

このように、30年の歳月の流れを意識しながらも、マイペースで「ストⅡ」をプレイする日々を送る今日この頃・・・。