企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証プライム上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【ゲーム】全てのファンタジーRPGの原点は「ダンジョンズ&ドラゴンズ」にある!?/海外ドラマ「ストレンジャー・シングス」のキーファクター

1.海外ドラマに往年の名作ゲームが登場

ある日の出来事。
 
私が会社から帰宅して一服していると、妻から「『ダンジョンズ&ドラゴンズ』ってボードゲームを知っている?」という質問を受けたので、驚いた。知っているどころか、なにを隠そう学生時代はバリバリ(?)の現役プレイヤーだったから。当時は、よく自宅や友人の家に集まってテーブルトークRPG(ダンジョンズ&ドラゴンズ、ソードワールドRPG、ロードス島戦記RPG)をプレイしていたものだ。今となっては我が青春時代の一コマと言えばいいのだろうか。
そもそもなぜそんな事を聞いてくるのか。疑問に感じて妻に聞いてみたところ、どうやらNetflixで放映されているSFミステリードラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」に主人公達が「ダンジョンズ&ドラゴンズ」をプレイしているシーンが頻繁に登場するとか。
 
スクールカーストの下位に位置する主人公達は、自宅の地下室で「ダンジョンズ&ドラゴンズ」を楽しんだり、学校生活を送っていた。ところが、ある日不可解な出来事に遭遇し、未知のモンスターと対峙する・・・(というストーリーらしい)。
 
そこで、元ベテランプレイヤー(?)である私から、妻に「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の何たるかについて、以下のとおりレクチャーすることに。
 
私「いわゆる剣と魔法のファンタジー世界を舞台としたアナログ的なごっこ遊びで、ダンジョンマスター(DM)がゲームの語り手をするだけではなく、敵やNPCのキャラクターを演じるんだよ。プレイヤーは戦士・盗賊・僧侶・魔法使いなどのクラスを選んで、能力値はサイコロでランダムに決める。敵との戦闘や運だめしもサイコロを使う。DMは事前にストーリーやダンジョンの構成やモンスターの配置を決めておく。モンスターの能力は、ルールブックに決まっており、戦闘になると、プレイヤーとDMはサイコロを振り合って、勝敗を決める。基本的にDMの用意したシナリオどおりに進めるのが理想的で、最終ミッション(ラスボスの撃破・アイテムの回収・目的地の到着等)をクリアすれば、そのゲームは終了する。ただ、同じDMとプレイヤーで複数回のゲームを連続でプレイするいわゆるキャンペーン形式で行うことも多い(コンプティークで連載された当時のロードス島戦記がそう)。要するに、ドラクエやFFなどのコンピューターRPGは、コンピューター(運営側)と人間(プレイヤー)という位置づけにある一方、人間同士がワイワイガヤガヤしながら、時にはアドリブを交えて楽しむ。これがテーブルトークRPGの面白いところかな。だからボードゲームとは少し違うんだよ。わかったかい?(ふう、これだから素人は困るんだよね)」
妻「う~ん、わかったような、わからんような・・・。」
 

2.D&Dは全てのファンタジーRPGに通じる道!?

実際のところ、「ストレンジャー・シングス」をきっかけに「ダンジョンズ&ドラゴンズ」が再び注目を浴びているらしい。それはそれで大変すばらしいことだ。コンピュータ・ゲーム全盛期の現代だが、これもよい体験になるだろう。
 
かなり乱暴な言い方をさせてもらうと、現在のあらゆるファンタジーRPGの原点は、「ダンジョンズ&ドラゴンズ」にあると言いたい。例えば、1980年代に大ヒットしたファンタジー小説の「ドラゴンランス」や「ロードス島戦記」(特にコンプティークに連載されていた当時のⅠとⅡ)は元来は「ダンジョンズ&ドラゴンズ」をベースに誕生したもの。これを知る人は相当玄人のはず。
また、同じく80年代に大流行した東京創元社や社会思想社のゲームブックは、「ダンジョンズ&ドラゴンズ」のようなテーブルトークRPGを一人でもプレイできるようにするという発想から生まれた。
さらに、今年の2月に発売され、全世界で総売上1300万本を記録した大ヒットゲーム「ELDEN RING」のプロデューサー宮崎氏は、過去のインタビューにおいてダークファンタジーの原体験はゲームブックの「ソーサリー!」シリーズと発言している。
 
こうなると、全てのファンタジーRPGは、「ダンジョンズ&ドラゴンズ」に通じる、と言っても過言ではないことがお分かりのはず。
 
もっとも、さすがにいい年になった私が学生時代のように「ダンジョンズ&ドラゴンズ」のようなテーブルトークRPGをプレイすることはない。ただし、ファンタジーRPGへの興味や憧憬はいくつになっても忘れ難く、あの当時の子供心を忘れないためにも、できる範囲で様々な作品に触れるようにしている。

3.まとめ

しかし、数十年前にプレイしたアナログゲームについて、妻にウンチクをたれて、解説する機会があろうとは、子供時代の私には全く想像もつかなかったから不思議(まあ、当たり前だけど)。しかし、考えてみれば、人間の人生も、「時には運(ダイス)に翻弄されながらも、学校や会社というステージ(ダンジョン)のクリアを目指して自分の役割を最後まで演じきる」という側面があるような気がする。
 
とすると、人生もテーブルトークRPGも一人のプレイヤーとして参加していることに変わりなく、両者は根本的に似ているのかもしれない。