企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【プライベート】実家の親が「振り込め詐欺」の被害にあいかける/幸いなことに未遂に終わりました

以前に比べると下火になったが、振り込め詐欺(いわゆる特殊詐欺)は今でも社会問題となっており、関連ニュースを耳にする。その被害額は年間400億とも言われているが、正直なところ、私自身は人ごとのようにとらえていた。しかし、実家の親から振り込め詐欺の被害にあいかけたと聞いて、びっくり仰天した。

母に経緯を確認したところ、某日の晩に実家に私(Sabosan)の名前を名乗る男性から電話がかかってきた。その話の内容は、以下のとおり。 

「今扁桃腺が腫れているため、声変わりしている」(←この時点ですでに怪しい)。

「会社から電話をかけているのだけれど、実は会社の同僚と共同で株を1000万分購入している。その費用は折半で負担しているが、実はそのお金は会社から横領したもの」

「すぐに返済しないとまずいので、まず200万ほど貸してくれないか」

「明日、会社を休んで病院に行ってから、実家に立ち寄ってお金を受け取りにいく」

その晩に母がすぐに私に事実確認の電話をすればよかったのだが、「何かおかしい」と思いつつそれはしなかったという。翌日に同じ男性から電話があったので、母が「奥さんに相談したのか」と問い合わせたところ、私を名乗る男性は「離婚されるから言えない」と答えたらしい。その時点で、母は怪しいと考えて、私の妻の携帯電話に連絡して、上記の経緯が発覚。その後、妻からLINEをもらった私は実家に電話をかけて、ようやく全容を把握したというわけ。 

少なくとも、母は最初の晩は怪しいと思いつつ、半ば信用しかけていたわけで、もし、騙されていれば、えらいことになったところ。とりあえず、母は地元の交番に相談したが、その後の音沙汰はないらしい。そもそも一企業法務担当者である私には、会社の金を横領する機会は全くないし、個人的に株式投資は行っているが、自分の小遣いの範囲でこじんまりとやっているだけだ。 

犯人は少なくとも実家の電話・住所・私のフルネームを知っていたわけで、どういうルートで情報が流出したのか全く不明。年末休みに実家を訪れて、詳細を聞いてみるつもりだが、安心できない世の中になったものだ。