企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【仕事】社会人3年目の知人から今後のキャリアについて相談を受ける/まだまだ人生は長いのだからあせる必要はなし

先日、若手会社員のAさんと久しぶりに会って話をしていると、仕事に関するグチを聞かされるはめに。なんでも、現在の会社に入社して3年目になるが、任される仕事の多くは雑用ばかりで、全然面白くないとのこと。Aさんが所属する会社は、財閥系の比較的大手企業で、年功序列が色濃く残っている会社らしいが、そのあたりが要因かもしれない。 

以下は、Aさんと私のやりとり。

 

A「就職活動をしていた頃は、面接官から『ウチの会社では若手でも重要な仕事が任されるよ』と言われたのに、いざ実際に入社してみると電話番や資料作りなどの雑用が多く、全然面白くない。なので、最近転職でもしようかと迷っているんですよ」
私「まあ、入社していきなり重要な仕事を任されるケースは、そうそうないのでは?まずは地道な仕事をコツコツをこなして、上司の評価と信頼を獲得することが大切だと思うけど」
A「僕も最初はそう思っていたのですが、ベンチャーに入社した友人が活躍しているのを見ると、なんかあせってきて・・。自分はこのままでいいいのかなあ、と」
私「20代の若い社員に求められるものは、専門スキルというよりも、誠実さ・明るさ・素直さなどの『人間性』だよ。なので、まずは素直な気持ちで社内のマニュアルやルールを素早く完璧にこなすことに集中した方が良いと思う。『自分流の独自路線』を打ち出すのは30代になってからでも遅くない。どうせ、今の会社員は75~80歳ぐらいまで働かなければならないのは確実だし、『会社員人生は長期戦』と割り切って、気持ちを長く持って仕事に取り組めばいいと思う。」
A「そういうものですかねえ」
私「Aさんの勤務している会社は上場企業だから、有価証券報告書で業績・財務情報や社員の平均年収が公開されているけど、業績は右肩上がりでかなりの優良企業だと思うよ。あと、世間相場で考えると、この平均年収はかなり恵まれている方だね。なのに、2~3年で辞めるのはもったいない。もし、転職するにしても、今のAさんのキャリアでは、おそらく同じクラスの会社への転職は厳しいのでは?無理に転職しても、おそらく1ランク下の会社に下がってしまう可能性が高い。]
A「・・・・」
私「あと、周囲との人間関係は、うまくいっているんだよね?」
A「ええ、上司も同僚も良い人ばかりで、人間関係は非常にうまくいっています」
私「それじゃあ、なおさらもったいない!これが壮絶ブラック企業ならば、いますぐトンズラという選択肢はありだけれどね。むしろ、今のうちに会社のリソースを最大限使って様々な経験を積んで、自分を成長させることに専念した方がAさんにプラスになると思う。」
A「なるほど・・・。それじゃあ、もう少し頑張ってみます。」

 

というわけで、その話題は終わった。まあ、Aさんの人生なので、私がどうこう言う資格はないが、血気盛んなAさんが若かりし頃の自分に重なって見えて、ついついおせっかいな口をきいてしまった。