企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【スマホ】トータルで考えてiPhoneとAndroidのどちらがオススメ?/あくまで自分なりの意見

先日はてなブックマークをチェックしていて、こちらの記事に興味を持った私。 

yamalog.online

筆者は、 iPhoneとAndroidを比較し、それぞれの長所と短所を指摘した上、結論的には「コスパを考慮するならば、Androidがオススメ」という考えのようだ。実は私も全く同感。 

私自身は、これまで「ガラケー&iPod Touch」→「iPhone6」→「Android(Zenfone3)」という流れで、iPhoneとAndroidの双方を経験したので、双方の長所と短所は理解しているつもり。iPhoneから機種変更した直後は、Androidの動作に慣れるまでとまどったが、1~2ケ月するとすっかり慣れてしまった。それについては、こちらを参照してほしい。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

ただ、iPhoneにせよ、Androidにせよ、スマートフォンユーザーは、以下のルールからは絶対に逃げられないのは事実。 

  1. スマホに格納されたリチウムイオン電池は、充電と放電を繰り返すたびに劣化していく。
  2. AppleやGoogleは定期的にOSをバージョンアップさせることで、アプリの淘汰を促している。そのため、ユーザーは古いデバイスをそのまま使い続けることが困難となる。
  3. その結果、ユーザーは、2~3年(ヘビーユーザーならば1~2年)ごとにスマホを買い換えることを強いられる。 

近年となっては、AndroidとiPhoneのデバイスとしての機能はほとんど優劣がつかないレベルだが、価格面ではAndroid(のミドルスペック機)が2~4万円であるのに対して、iPhoneは10万円近くもするなど価格面で大きな格差が生じつつある。

私としては、上記ルールの関係上、せいぜい2~3年しか使えない「消耗品」に10万円を費やすのはあまりにもったいない(今やパソコンの方がそれより安い値段で買えるし、5~6年は十分使える)。よほどのプロでもない限り、一般ユーザーがスマホに求める機能といえば、せいぜいメール・ブラウザ・カメラ・音楽・ゲームなど基本的な用途に限定されているはず。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

にもかかわらず、短期間しか使えない「消耗品」に10万円を投じることは、個人的にはかなりの抵抗感を感じる・・・。従って、求める機能を十分に果たすことができるならば、コスト面をトータル的に考慮した上、価格の安いAndroidを選びたい。 

もちろん、これはあくまで私の個人的な意見であり、他人に押し付けるつもりは毛頭ないことをおことわりしておく。(お金の問題ではなく)AppleやiPhoneに思い入れがある人は、iPhoneを使い続けても良いと思う。