企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【仕事】チーム内の別の人に仕事を依頼するときの注意点

以前紹介した契約書データベースだが、すでに運用を開始している。しかし、件数が膨大のため、私一人で入力を行うのはとても無理であり、同じリスクマネジメント部門の別のスタッフにその一部を依頼している。 このように他の人に仕事を依頼する場合に注意しなければならないことは、以下のとおりその仕事について余すことなく説明することではないだろうか。
①何を行うのか(自社の契約書データベースの構築作業)  ②なぜ、この仕事が必要なのか(自社の契約リスクマネジメント体制を強化するため) ③いつまでにやるべきか(担当業務の合間に1日1時間ほど) ④誰がやるのか ⑤どこでやるのか ⑥どのように行うのか(契約情報のAccessへの入力および電子データ化作業)
  単に「言われたどおりこれをやって下さい」では、本人に仕事に自発的に取り組む意欲が生じない。このように5W1Hを明らかにして説明すれば、本人もその仕事にも積極的に取り組み、改善・改良策などについて意見を提起してくれるのだと思う。 blogram投票ボタン 1クリックお願いします!