企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【契約審査】個人情報漏洩時の損害賠償額

先日、某社との取引基本契約書を審査していたが、その中に個人情報の取り扱いに関する条項があった。それによると、「自社が相手方から預託された個人情報を漏洩した場合、1件あたり100万円を違約金として払わなければならない。」と規定されていた。 この「1件漏洩=100万円の支払い」という根拠は全く明らかにされておらず、そのような判例はないことだけは断言できる。私が覚えているのは宇治市やTBCの個人情報漏洩による判決である。それによると、前者の場合は、15,000円、後者の場合には35,000円という賠償金額の支払命令が下されている。この100万円という金額はある意味、かなりふっかけているものだと思う。 そこで、私は「自社が相手方から預託された個人情報を漏洩した場合、甲乙協議により定めた金額を違約金として払わなければならない。」として代替案として提起し、合わせて「2007年2月8日に東京地方裁判所から下された判決にありますとおり、裁判所は個人情報の漏洩に対して一人あたり35,000円という金額が妥当であるという認定を行っております。」という注意書きを補足した。 これは裁判所の権威を利用するという方法だが、効果的な交渉術ではないだろうか。 blogram投票ボタン 1クリックお願いします!