企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【その他】高速モバイル通信サービス「WiMAX」をお試し利用中/この高機能サービスは既存の通信事業者に相当の脅威になるのでは…

1.WiMAXとは 先日より我が家ではUQコミュニケーションズのモバイルWiMAXの試行利用サービス「Try Wimax」を利用している。同サービスによれば、一定期間に限り無料で通信機器(Wi-Fi)をレンタルして、WiMAXを試用することができるのだ。 20101218WiMAX Speed Wi-Fi
20101218WiMAX Speed Wi-Fi posted by (C)Sabosan このWiMAXというのは、「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略称で無線通信技術の規格のひとつ。近年知名度が急速に上がりつつあり、様々な代理店が各地でサービスを提供している。 このWiMAXというサービスは妻が探し出してきたのだが、よくよく調べてみると以下のような長所があるのだ。 ①光ブロードバンドほどではないが、高速の通信機能を有する。 ②通信機器が手の平サイズのため、外出先でもインターネットができる。 ③料金がそれほど高くない。 ④回線工事などは不要で、かつ設定が簡単。 ⑤子機も追加購入すれば、自宅と外出先でのネット通信が可能。 先日の記事で紹介した大手ニュースブログ「らばQ」でもWIMAXを「抜群に使い勝手のいい通信形態」を非常にベタほめしている。 http://labaq.com/archives/51383338.html 2.我が家のインフラ計画 さて、私が家では、NTT固定電話とインターネットプロバイダ(Yahoo)のランニングコストとして、合計毎月8,000円ほどを出費している。しかし、実際のところ電話をかけるのは携帯電話からがほとんどであり、固定電話があるために、先日の記事で紹介したように光通信やマンションなどの勧誘電話が不定期になされるなどデメリットも多かった(どうも電話番号を自動計算してランダムに勧誘電話を行うというソフトウェアがあるらしい)。一方、プロバイダ利用をやめればメールアドレスを使用できなくなるのだが、私の場合、メールはGoogleのGmaiをメインで使用するようになっているので、特に問題はない。従って、このままWiMAXに変更すれば、 ①毎月のネット通信費が半額以下に抑えられる。 ②外出先でもiPod touchが使用できる。 ③勧誘電話がかかってこない。 などのメリットがあるため、夫婦で真剣に乗り換えを検討している次第だ。特に私にとって②が大きい。これならばiPod touchの利用の幅が格段に広がることになるし、ソフトバンクiPhoneを利用するよりコスト的にも安く済む。 3.お試し利用の結果 モバイルWiMAXのお試し利用を始めてまだ3、4日ほどだが、インターネットの利用には特に問題はない。また、パソコンとiPod touchを並行してインターネットに接続することも支障はなかった。あと気になるのは、外出先における利用状況だが、夫婦がそれぞれ保有するiPod touchを交互に持ち出しても、通常と同じく利用することができた。 従って、我が家では年内にでも固定電話廃止&WiMAXへの移行を行う予定だ(これで光ブロードバンドとの勧誘ともおさらば!)。なお、価格comでも本件の紹介が行われているが、こちらから申し込むと割引制度などもあるようだ。興味を持たれた方はどうぞ。↓ http://kakaku.com/bb/ad/bbranking_2010/mobile.html?cid=bb_ad3133783&wapr=4d0bf42d
シンセイコーポレーション DIS mobile WiMAX接続専用 WiMAXデータ通信Wi-Fiモバイルルータ Uroad-7000SS/DMシンセイコーポレーション DIS mobile WiMAX接続専用 WiMAXデータ通信Wi-Fiモバイルルータ Uroad-7000SS/DM

シンセイコーポレーション
売り上げランキング : 13552

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします! にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村