企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【書評】「高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人」勝間和代(小学館)/現代ビジネスパーソンは、「ストリート・スマート」を目指すべき

今回は、久しぶりの書評ネタ。 

筆者は、本書において「現代のように変化が激しい時代では、アカデミック・スマート(与えられた問題に即座に解答を出す能力が優れた人)ではなく、ストリート・スマート(状況理解・判断能力があり、他人の気持ちの機微がわかり、自立心旺盛な人)を目指さなければならない」と主張している。

過去の高度安定成長期のように黙っていてもモノが売れて、変化も穏やかな時代では、トップからの命令に黙って従い、効率良く処理する人材(アカデミック・スマート)が求められていた。しかし、今はグローバル化やIT化が進んで、これまでの枠組みが崩壊し、これからどのような変化が起こるか予想がつかない時代。

このような「有事」の状況では、アカデミック・スマートではなく、変化に対応するべく、自分で課題を設定し、自分でこれを解決するため、フットワークの軽い人材(ストリート・スマート)が求められる。

企業法務担当者は管理部門であるため、「待ち」の姿勢で仕事に取り組みがちなのだが、私自身は、手持ちの仕事をこなしつつ、「もっと上手なやり方はないか?改善するべき箇所はないか?新しい課題に取り組む必要はないか?」ということを常に意識している。

本書では、ストリートスマートを目指すためにには、ビジネスパーソンはどのような取り組みをするべきかについて、そのヒントが示されている。私自身としては、特に第2章が参考になったので、手帳に要点を書き写してみた。興味を持たれた方は是非一読してみてほしい。