企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【音楽】ポール・マッカートニーの再来日公演が全て中止に/私も一応「場外」から参加する予定でした

1.I'm Down
5月17日から開始される予定であったポール・マッカートニーの再来日公演「OUT THERE JAPAN TOUR 2014」が本人の体調不良により中止されることになったのはニュースで取り上げられているとおり。

昨年の来日公演に引き続く再来日公演ということで、私もいち洋楽ファンとして関心は寄せていた。しかし、相変わらずチケットがあまりにも高すぎるので、私個人としては、参加するつもりはなかった。ただ、24日に大阪のヤンマースタジアム長居(長居陸上競技場)での野外ライブがあると聞いていたので、友人某氏と同日夕方にその近辺まで訪れて、会場から漏れ聞こえてくるライブを少し聞いてから(←我ながらセコイ)、天王寺あたりにそれをネタに飲みに行こうとしめし合わせていた。 

  ところが、大阪公演も含む全ての公演が中止されることになったので、せっかく私達の名企画(?)もパアに…。従って、その代わりに24日は「日本一高いビル」のあべのハルカスでも観にいこうかな、と考えている。

2.海外大物アーティストの公演中止のリスク
今回の事件をきっかけに、海外の大物アーティストがライブを行う場合、こうした体調不良による公演キャンセルによって様々な問題が発生することを実感させられた。例えば、今回の公演で東京や大阪に地方から宿泊込みで遠征する人も多数いたと思われるが、チケット代金は払い戻されても、宿泊費や交通費は全くの無駄な出費となってしまう。また、オークションなどで正規の値段以上の金額でチケットを購入した人は、その差額は完全に自己負担となってしまう。 すると、こういった大型ライブイベントには、主催者やユーザにも一定のリスクはつきものということか。もっとも、主催者側はこのような事態にそなえて保険に加入しているらしいが、どれほど補填されるのだろうか?
今回は残念な結果となったが、年内秋頃に向けて来日公演も検討されているらしいし、ここは、ビートルズのアルバムでも聴きながら、期待することとしたい。