企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【漫画】筒井哲也「予告犯」(集英社)/情報化社会に現れたテロと警察との攻防を描いた作品

私の地元のTUTAYAはそれなりに規模が大きく、CDやDVDだけではなく、コミックのレンタルを行っている。コミックの場合、旧作ならば1週間100円でレンタルすることができるので、よく金曜日の仕事帰りに漫画を借りて、まとめて読んでいる。 例えば、この半年間で私が読んだ作品(シリーズ)を紹介すると、以下のとおりだ。

 

ストーンオーシャン 1 ジョジョの奇妙な冒険 第6部 (ジャンプコミックス)

ストーンオーシャン 1 ジョジョの奇妙な冒険 第6部 (ジャンプコミックス)

 
進撃の巨人(1) (週刊少年マガジンコミックス)

進撃の巨人(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

 

 

34歳無職さん 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

34歳無職さん 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

 
亜人(1) (アフタヌーンコミックス)

亜人(1) (アフタヌーンコミックス)

 

そんな中、「これは面白い!」と思った漫画を紹介したい。それは筒井哲也の「予告犯」(集英社)という作品だ。こちらは以前から本作の評判は耳にしており、かねてから読みたいと思っていた。 

予告犯 コミック 全3巻完結セット (ヤングジャンプコミックス)

予告犯 コミック 全3巻完結セット (ヤングジャンプコミックス)

 

ストーリーは、頭に新聞紙を被って、ネット上の動画サイトで犯罪予告した上、犯行を実行する犯罪者集団「シンブンシ」とそれを追いかける警察の攻防を描いたもの。YouTube、集団食中毒事件、違法アップロード、SNS、ネットカフェ、秋葉原殺傷事件、引きこもりなど現代の話題を多分に盛り込んでおり、リアリティに富んだ作品である。 


主人公たちはなぜこのような犯行を繰り返すのか。その意外な真相は物語の終盤で明らかにされる。ただ、犯人たちが犯罪を犯す背景や動機には、同情できる箇所もあり、読者も少なからず共感できるのではないだろうか。本作は全22話、全3巻という短い作品で、連載中は本作は人気があったと聞くし、その気になればストーリーを引き延ばすことができたはずだが、あえて短期間で完結させた作者の姿勢はなかなか潔いと思う。 また、本作は2015年に映画化されることが決定している。映画館まで行って鑑賞するかどうかは微妙だが、レンタル等で観てみたい。