企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【書評】「ズッコケ熟年三人組」那須正幹(ポプラ社)/ズッコケ三人組シリーズの本当の最終作

以前に児童向け小説の「ズッコケ三人組」とその数十年後を描いた「ズッコケ中年三人組」のシリーズについて触れたことがあった。 

前者シリーズではハチベエ達は小学6年生のままで、全く年をとらなかったが、後者シリーズは40歳という年齢からスタートし、age41、age42、age43・・とタイトルにあるとおり巻を重ねるたびに年齢を重ねていった。そして、2005年に中年組シリーズがスタートしてから10年が経過して、2015年に発売された本作では、主人公達はとうとう50歳の大台に突入する。

児童書シリーズの金字塔『ズッコケ三人組』ついに完結! ファンからは“ズッコケ老人三人組”を望む声も | ダ・ヴィンチニュース

これで1978年から続いていた「ズッコケ三人組」シリーズは本当に完結するようで、なにやら寂しい限り。本作では、2014年に広島市を襲った土砂災害をテーマにしており、人の死が描かれるなど若干重たい内容となっている。さらに、ミドリ市の再開発などを絡めつつ、それほど大きなドンデン返しもなく物語自体は終了する。最後は、市議会議員であるハチベエの将来の「転職」を予感させる場面で終わる。ただ、この先も三人の友情は続いていくことは確かなどハッピーエンドには違いない。

できればもう少しシリーズを継続してもらい、60歳、70歳となったハチベエ達の人生を追いかけたい気もするが、これ以上続けると惰性になってしまうので、この辺りで幕引きにするのが良いのかもしれない。ともあれ、私のように子供時代に「ズッコケ三人組」を愛読した人は、是非中年組シリーズにも目を通してみることをお勧めしたい。 

ズッコケ熟年三人組

ズッコケ熟年三人組