企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【企業法務】国税庁から公開されている「印紙税の手引」が便利/初心者用によくまとまった資料です

企業法務担当者として、社内クラアイントから様々な相談を受ける内容の一つとして、印紙税法がある。例えば、「契約書や注文請書にいくらの印紙を貼付したらよいのでしょうか?」という相談は頻度が割と高い方。税金がらみなので、経理担当者の範疇という会社もあるかもしれないが、ある意味契約書の関連業務として、法務部門において対応している会社も多いだろう。

ただし、印紙税法の相談内容がほとんど決まっており、定型的なものがほとんどだ。そこで、マニュアル的なツールを渡して、それに基づいて相談者に判断してもらった方がこちらも楽だし、当人のレベルアップにつながると思う。その場合に役に立つのが国税庁の「印紙税の手引き」だ。

印紙税の手引|国税庁

本書は合計で40ページほどのボリュームで、課税文書の取扱いや判断基準、一覧表がコンパクトにまとまっていて、非常に使いやすい。 「印紙税法の手引」は、国税庁が毎年5月に公表しており、私も毎年ダウンロードして手元に置いている。印紙税の相談があった場合にも「この資料はわかりやすいので、次回からこちらを見て下さい」とよく勧めている。もちろん、私も企業法務担当者である以上、印紙税法に関する専門書は何冊か所有しているが、印紙税についてわからない点があれば、まずはこちらを参照することをお勧めしたい。

また、国税庁のHPでは、税金に関するFAQ「タックスアンサー」も公開されていて、印紙税のカテゴリもきちんと存在する。印紙税について調べたい場合はこちらもお勧めだ。

 タックスアンサー(よくある税の質問)|国税庁 

印紙税ハンドブック (平成29年11月改訂)

印紙税ハンドブック (平成29年11月改訂)