企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【プライベート】ドキュメント大阪北部地震/通勤途中に地震に遭遇し、徒歩通勤するハメに

1.地震で関西一円の鉄道がストップ

ニュースで報道されているとおり、6月18日7時58分に大阪北部で震度6の地震が発生した。将来、この日を振り返るために当日の様子を記しておきたい。
 

ちょうどその時、私はOSAKAメトロの某駅で電車に乗車した直後だった。いきなり大きな振動がきて、車体がユッサユッサと揺れる。そして、あちらこちらから一斉にスマホの緊急警報が鳴り響いた。しばらくしてから構内アナウンスで「特別警報が発令されましたので、駅構内から地上に非難して下さい」というアナウンスが流れる。どうしようもないので、とりあえず、電車を降りて地上に上がる。

 
地震当時は地下にいたので、それほど大きな揺れは感じなかったが、上層階のビルにいた人は、相当揺れたらしい。とりあえず、妻に無事でいることことをLINEで送り、歩いて会社までに向かうことにする。途中、コンビニのイートインで休憩しながら、なんとか会社に到着することができた。
 

 
ただ、私は大阪市内にいたときに地震に遭遇したので、こうして徒歩で会社に到着できたが、同僚には途中駅で地震に遭遇し、近隣の駅で降ろされた結果、移動できなくなった人が続出。例えば、同僚Aさんは西宮で電車を降りるはめになり、いくら待っても動かないので、通勤をあきらめて2時間かけて歩いて自宅に帰ったという。そのようなわけで、当日の会社は閑散としたフロアで仕事をした次第。
 
当日は定時で退社したが、鉄道の一部は復旧していなかったので、ネットカフェで時間をつぶしてから帰宅した。帰宅後、妻に様子を聞くと、子供たちを学校に送り届ける途中で地震に遭遇し、「歩いていると、突然突き上げるような振動が来て、周囲のマンションが左右に大きく揺れていた」とか。
 

2.まとめ

私の住んでいる地域では断水やガスの供給停止などは起きなかったが、何人かの知人が不便な目にあったらしい。また、今回の地震では鉄道全線ストップという事態に遭遇し、歩いて会社に向かうはめになったが、こういうときにあらためて、普段からインフラが整備されていることのありがたさを感じる。