企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【Lifehack】キャリアアップや趣味のために図書館を使い倒すべし/高い住民税を払っているので、モトをとりたい

6月中旬まで続いた緊急事態宣言が終わるのを待って、私が真っ先に訪れた公共施設がある。それは地元の図書館。それまでは緊急事態宣言の影響で、図書館は軒並み閉館していた。ビジネスパーソンにとって読書は効率的な自己投資術の一つで、インプットには欠かせない。かといって、読みたい本を全て購入するわけにもいかず、図書館を活用している。
 
記録オタクの私は、ブログのサイドバーに表示しているとおり、読んだ本はすべてブクログに記録している。

私が読む本の主なジャンルといえば、企業法務、ビジネス関連、会計、IT、ライフプラン、社会経済、歴史、小説など様々で、今回借りた本は、以下のような感じ。  

神・時間術

神・時間術

Amazon
生産性

生産性

Amazon
ビジネスの世界で生き残るための現場の会計思考

ビジネスの世界で生き残るための現場の会計思考

  • 作者:安本隆晴
  • クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
Amazon
ロス男

ロス男

Amazon

なお、以前にも紹介したGoogle Chromeの拡張機能「その本、図書館にあります。」とTrelloを組み合わせると、本の検索や予約が簡単なので、お勧めしたい。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

また、図書館で借りた本のうち、有益そうなものは、読書ノートに記録して、定期的に読みなおしている。 やはり本の読みっぱなしは読書の効果が半減するからだ。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

今回借りた本の合計金額は約13,000円。それが図書館で借りると、当然ながら無料。毎月の給料から決して安くはない住民税を引かれているので、これを少しでも取り返すつもりで、公共施設である図書館を使い倒していきたい。 

f:id:Sabosan8022:20210627202043p:plain