企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証プライム上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【その他】某レディコミの女王が国際ロマンス詐欺の被害に!?/ちょうどKindle Unlimitedで作品を読んでいた偶然に驚く

2020年の緊急事態宣言を受けてAmazonのKindle Unlimitedを利用している私。現在も継続中で、ビジネス書・小説・漫画などを読んでいる。1ケ月980円で様々なジャンルの電子書籍が読み放題で読めるのは、大変ありがたい。
なお、漫画については、過去にTUTAYAやゲオのコミックレンタルを利用していたが、コロナ以降はKindle Unlimitedで読むだけ。読んだ漫画は、本ブログのサイドバーに設置したブクログのウィジェットにあるとおり。
そして、現在読んでいる漫画はこちらのシリーズ。

 

タイトルどおり、本作は殺人事件の遺体などの検視を行う女性監察医が主人公。キャラクターの髪や表情などの描写が非常に細かくて、感心しながら読んでいた。そして、1巻をちょうど読み終わった後に、たまたま先週録画していたNHK-BSのドキュメンタリー番組を鑑賞したところ、作者本人が出演していて非常に驚いた。

内容は、コロナ禍で被害が広がっているという国際ロマンス詐欺で、なんと作者自身が被害者になってしまったとの事。あまりにタイミングに飲んでいたコーヒーを吹き出しそうになってしまった。

f:id:Sabosan8022:20220130200955p:plain

番組内容の詳細については、こちらのサイトで経緯が記載されているので、興味がある人はどうぞ。
 
その関係で、作者の方に興味が湧いていろいろ調べてみると、どうやら2020年に閉園したとしまえん(東京都練馬区)の広報部に勤務しながら、少女漫画家としてデビューしたという経歴の持ち主。その後50年以上のキャリアを持ち、「レディースコミックの女王」の異名を持つすごいお方。
 
嫁姑の愛憎を描いた代表作「羅刹の家」などのドロドロ系の作品も数多くあり、「女監察医」とのギャップに余計に驚いてしまった。しかも、「源氏物語」などの古典から「人間の証明」など作品のジャンルが幅広く、かなり多くの作品を世に生み出しているすごいお人。

 

一方で、プライベートでも壮絶なエピソードをお持ちのようで、それが漫画家としての創作の原動力になっているとか。いやはやたくましい・・。

 
作品数といい、人生経験といい、今回の番組といい、とにかく「圧倒された感」満載だ。また、どうやらこの方は、私と同じ関西圏に住んでいる模様。たまたまKindle Unlimitedで漫画を読んでいるタイミングで、当人が登場するドキュメンタリーを見ただけだが、不思議なご縁を感じてしまう。
 
というわけで、なんとなく個人的には応援したいので、「女監察医」以外の作品もチェックしたい。
圧倒的な価値を創る技術[ゲシュタルトメーカー]

圧倒的な価値を創る技術[ゲシュタルトメーカー]

Amazon