企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【社会】成功者がなぜ転落してしまうのか/人生で成功するのは一苦労だが、堕ちるときは一瞬・・・

今年一番の話題は新型コロナウイルスだが、それ以外にも特に目立ったのが芸能界(直近ではアスリートまで及ぶ)における不祥事の多さ。

f:id:Sabosan8022:20201003130759p:plain

不倫・薬物・痴漢・アル中・・・。共通点は彼らが元の業界において一定の成功をおさめている(もしくは、過去におさめていた)ということ。それがただ1回の過ちでそれまでのキャリア・名声・評判(場合によっては家族も)を失ってしまう。目先の刹那的な快楽を満たしたとしても、ひとたび転落すると、その後の人生で待ち受けているのは「茨の道」だ。

f:id:Sabosan8022:20200928194701p:plain

私が思うに、人生というものは順調な時こそ危うい。従って、日頃から自分の欲(=刹那的な快楽)に飲み込まれないように自己管理しなければならない。以前にも触れたとおり、人生の成功者と失敗者を分けるものは、自分をコントロールする力(=継続的な克己心)。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

考えてみれば、私が古典の名言集を読んだり、日記を書いて日々を振り返ったり、手帳で目標管理を行うことは、自己管理の一環。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

kigyouhoumu.hatenadiary.com

kigyouhoumu.hatenadiary.com

もちろん、長い人生では誰しも失敗の1つや2つはあるだろう。これが10代や20代に遭遇した失敗ならば、それをバネに今後の人生に生かすことができるかもしれない(私自身も20代に某法律系国家試験に挑戦して失敗した経験があるが、それを乗り越えて今がある)。しかし、ある程度年齢が進んでからの大きな失敗はその後の人生において「致命傷」となる可能性がある。

また、努力や運によってひとたび成功しても、それを維持し続けるためには、当人の人格や人間力が問われる。そういえば、芸能界に限らず、過去に政治の世界でも、

  • 到底実現不可能な出張計画をたてることにより、出張費用を着服したことを指摘されて、その釈明会見では号泣した地方議員
  • 日常的に秘書にパワハラ言動を行っており、恨みを買って、その一部始終を隠し撮りされた録音データをマスコミに暴露された国会議員
  • 妻が妊娠して、「国会議員にも育児休暇が必要だ」と表面上はイクメンぶりをアピールしながら、実は影ではコッソリと芸能人と不倫していた国会議員

などのトンデモ政治家が存在したが、国民の代表者として精錬潔白さを求められる立場でありながら、人格的な問題のためか、自らをきちんとコントロールできずに最終的には破滅している。これはもう「自業自得」としか言いようがない。

これらの失敗事例から得られる教訓として、「つまるところ人生において長期的な成功をおさめ続けるならば、能力に加えて人格も磨く必要がある」というのが私の考え。そして、世間(学校・会社)はその方法までは親切に教えてくれないので、自力で試行錯誤していくしかない。

f:id:Sabosan8022:20201003130641p:plain

かくいう私自身も「酒・女・ギャンブルでは絶対に失敗するまい」と固く戒めており、タスク管理アプリでリマインダー設定した行動指針を毎朝確認しているぐらいだ。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

世の中には「人の振り見て我が振り直せ」という格言があるように、今回の転落劇を芸能界だけの他人事としてとらえるのではなく、私たちの教訓としたい。 

終わった人 (講談社文庫)

終わった人 (講談社文庫)

  • 作者:内館牧子
  • 発売日: 2018/03/15
  • メディア: Kindle版