企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【プライベート】交通事故に基づく和解契約書の締結について その2

先日の記事に対して以下のとおり、hiroさんからコメントが寄せられた。どうもありがとうございます。

ずいぶん冷静に書いてらっしゃいますけど、大丈夫でしたか?

生身でクルマにはねられるなんて、想像するだけで恐ろしいんですけど・・・

私は学生時代にバイクをかっとばしていたら、対向車が突然車線を越えて飛び出してきて正面衝突をしたことがあります。

慰謝料でちょっと高いギターを買いました(笑)

いやはや、お互い気をつけましょう。家族のためにも。

お心遣いありがとうございます。

本当に不幸中の幸いで助かりました。2メートルほど飛ばされましたが、頭や顔面などには外傷はなく、右腕と右足に軽い擦り傷を負うだけですみました。今は右肘にかさぶたが残るぐらいで、このとおりブログの更新にも何ら差し支えはありません(笑)。

記事本文に書いているとおり、その2日後に加害者と示談交渉を行いましたが、偶然ながら自社の取引先の従業員であることが判明しまして、交渉も円滑に済みました。私はギターはもう持っていますので、お見舞金で何かビジネス書や子供のおもちゃでも買います(笑)。

私にも小さい子供がおりますので、これからは気をつけたいと思います。年末年始で何かとバタバタと慌しい時期なのですが、hiroさんもお気をつけ下さい。