企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【トレッキング】瀬戸内海を展望する周防アルプスを大縦走/山口県で初めての山登り

先日、山口県を訪れる機会があったので、県東部の周防アルプス縦走を敢行。アルプスといっても、標高は500メートル前後でそれほど難易度は高くない。 

スタート地点は、JR山陽本線の柳井駅。ここから北に向かって住宅街を抜けて歩くと、やがて緩やかな坂道となる。

20分ほどで金剛寺に到着。ここから登山がスタートするが、歩き始めて10分ほどであっさりと大師山の山頂(129メートル)に到達。まあ、ここまではウォーミングアップみたいなもの。

一息着いてから次の目的地である三ヶ岳を目指して歩き出す。竹林を抜けて、南側の合間から瀬戸内海を見渡すことができる。当日は天気も良く、寒さもそれほどではないため、絶好の登山日和。そして1時間ほどで三ヶ岳に到着。

 ここで昼休憩をとってから、最後の目的地である琴石山を目指す。こちらは道がきれいに舗装されており、登りやすい。後で知ったが、琴石山は山口県の百名山に指定されているらしく、ハイカーもちらほらと見かけた。

50分ほどで山頂に到達。ここからは南に広がる大展望が広がる。登山をしていて最も心躍るのがこの瞬間で、それまでの疲れも吹き飛んでしまう。周防大島や松山方面に向かうフェリーなどを見下ろしつつ、のんびりと休憩する。

この素晴らしい絶景をお伝えするべく、グーグルストリートビューも貼り付けておこう。 

帰りの時間もあるため30分ほどしか山頂には滞在できなかったが、この絶景を楽しむことができただけでも、山口県まで訪れたかいがあるというもの。昨年夏に福岡県の風師山に登ったときもそうだったが、海を見下ろせる山登りというのは、なかなかいいものだ。

kigyouhoumu.hatenadiary.com